読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングの考え方を学んで未来を創る力を身につける『探究型プログラミング学習』

社会を通じてプログラミングの考え方を学び実践を繰り返しながら未来を創る力を身につける探究型プログラミング学習(探プロ)

未来を創る力を身につける探プロ

【レポート】littleBitsで公園をつくろう!日の出公園バージョン その1

7月3日の日曜日に、再び日の出ファクトリーにて「公園をつくろう!」

のワークショップを実施しました。

 

今回は、午前中に前編、午後に後編というスタイルで、後編には前回の参加者が合流する形となりました。

人数は多い方が楽しいですからね!

 

前編は、1年生から5年生の3名でスタート。

前回と同じように、ゲームや公園探索の中で、グルーピングを学びます。

f:id:dig_learning:20160704161929j:image

 

今回は3名だったので、一人一枚ずつホワイトボードを使って

じっくり取り組むことができました。

前回は4人でやったので意見を出し合う面白さがあった反面

自分の思うような分類ができないもどかしさもあったようですが

今回は独り占めできましたね。

 

公園にあるものは?

という先生からの問いかけにあーでもない、こーでもないと議論していくと

単なる遊具ではなく、自分の力で動かすもの、とか、棒のついた遊具、など面白い観点でグループ分けできました。

 

そういえば、自己紹介のときに、最近、公園で何をしましたか?

という質問をしたところ

・砂鉄を取りに行きました

・水風船を飛ばして遊びました

・ジェイボードで遊びました

というのが出てきて、なかなか興味深かったです。

 

そんなわけで、今回決めた日の出公園のコンセプトは

・自分の力で動かせる遊具があって

・水遊びができて

・ひろーい広場がある

となりました。

 

コンセプトが決まったところで、お昼を挟んでいよいよ日の出公園を作ります!

 

後編では、前回参加してくれた4名と新しく1名が合流して計8名で工作しました。

 

工作時間は実質60分程度だったので、子どもたちにとっては、疲れすぎず、もう少しやりたい!

と思える絶妙な時間配分だったようです。

 

今回のお題は

・日の出公園のコンセプトに合わせて自分が作りたいものを決める

・災害が発生すると、避難所として使われるものに変身する

・夜にも遊べるように変身する

でした。

 

順番に見てみましょう。

 

まずは、littleBitsの使いこなしにかけてはプロである、デジタルハイクの浅川さんが作ってくれた見本がこちら。
f:id:dig_learning:20160704164018j:image

自家発電する巨大ライトです。

くるくる回り、夜は公園を明るく照らしてくれます。

そこへすかさず子どもたちの突っ込みが。

「災害時にはどんな変身をするの?」

さすがです(笑)

 

さて、皆の作品はどんな感じに出来上がったでしょう?

f:id:dig_learning:20160704163904j:image

その2へつづく。

 

 

 

 

@noriko.ogasawara