読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングの考え方を学んで未来を創る力を身につける『探究型プログラミング学習』

社会を通じてプログラミングの考え方を学び実践を繰り返しながら未来を創る力を身につける探究型プログラミング学習(探プロ)

未来を創る力を身につける探プロ

教育格差とモチベーションの関係

先日、志をもって教育事業をしている方のお話を聞く機会があり、その中でとても印象的だったのは、

ICTは教育格差を拡げる手段である

ということ。

 

意識の高い人たちにとって、教育分野のICT化が進むことはとても有益であり、驚異的な成長を遂げる手段になる。

だから、こういう話になるんですよね。

「個性を重んじる教育」のために、「学校をやめてオンライン教育に切り替える」。そんな選択肢もあるのではないでしょうか?

 あるよね。

ほんの一部の人向けにはね。

 

多くの人たちは、このサイトで紹介しているような事実を知らなかったり、そもそも興味がなかったりするわけで

それはすごいことですね!

と飛びつく人たちはごく僅かではないかと思います。

 

もしくは、興味をもつところまではいっても、実際にやるかどうか?

となると、多くの人がそこでストップするのではないかと。

 

そうした世界の存在を子どもが自分で知ることは難しいので、まず親の意識の高さが重要です。

その上で、子どものモチベーションが高いことも重要。

 

そうでない圧倒的多数の人たちは、どうする?どうなる?

 

ICTが使えなかった時代には、そうはいっても大した差はつかなかったのかもしれない。

でも、今は違う。

モチベーションの違いが、すごく大きな差になってしまう。

 

大人の意識をこれから変えるのは難しい。

だからせめて、子どもたち自身が、高いモチベーションで貪欲に学んで欲しいと考えているけれども、一体どうすれば良いのか。

 

@noriko.ogasawara