探究型プログラミング学習(探プロ)

プログラミングの考え方を学んで、未来を創る力を手に入れる

プログラミングの考え方を学んで未来を創る力を手に入れる

【座談会レポート】何のためにプログラミングを学ぶのか?

10日の土曜日は真夏のような暑さでしたね。

そんな中、プログラミング学習に関心を持つ方々が集まり、学校教育への不安と期待、家庭の役割などをざっくばらんに語る第2回の座談会を実施しました。

 

3歳のお子さんがいるお母さんからは、これから始まるプログラミング学習への向き合い方について質問がありました。

 

なぜプログラミングを学ぶのか?

将来、どんな役に立つのか?

そういったことを、子どもにどう伝えたら良いのか?

 

その問いを受けて、他の参加者から出たのは

そもそも「プログラミング」という言葉の意味が、人によってずいぶん違う、という意見でした。

 

そこで、各参加者が思い描いている「プログラミング」のイメージを共有することからスタートしました。

 

9歳と5歳の女の子をもつお母さんはプログラミングに対して

「パソコンの黒い画面に向かって難しそうなことをやってそう」

といったイメージをもっていました。

 

自分がよく分からないものには漠然とした不安を頂きがちですが、プログラミングに対しては特にそうかもしれません。

  

私からは、プログラミングは手段なので

何のためにその手段を使うのか?

その目的を抑えておく方が重要だという話をしました。

 

プログラミングの話をするときには、それが論理的思考を育成するとか、そういう話だけに留めないで

社会にある様々な問題を解決するために、社会の仕組みを読み解いたり

解決するために誰かと協力したり

といったことが必要になることを思い出してほしいのです。

 

探プロが伝えたいのは、そのときに使える技としての、プログラミングの考え方、です。

複雑化する社会の中では、モノとモノの繋がりを理解することはずっと難しくなります。

ということは、その仕組みを読み解くチカラは今以上に求めるわけですが

プログラミングの考え方を使いこなすことで、それができるようになります。

 

そして、他者と協力して何かを作る経験も必須です。

自分一人でプログラミングのスキルを磨き上げることも良いのですが

プログラマーを目指すわけではない多くの子どもたちにとっては、もっと応用の効くスキルとして、プログラミングを学んだ方が良いと思っています。

 

プログラミングを単なる手段として捉えるのではなく

その考え方を社会の中で活かす

と捉えることで、プログラミングの考え方を学ぶ理由や効果を説明できるようになります。

そらは、大人自身にプログラミングの経験がなってもなくても、変わりません。

プログラミングの考え方自体は、私たちが仕事など社会の中で自然と身につけているものだからです。

 

そんな話をしていたら、座談会なのに私の話ばかり長くなってしまって反省なのですが…

 

f:id:dig_learning:20170612085148j:image

 

長いエンジニア経験を活かしてプログラミング教育に貢献したいと考えている男性からは

子どもたちの興味を惹きつけるコツはあるのか?

という質問がありました。

 

それに対して、ご自身の学習教室でプログラミングの考え方を伝える試みを始めている別の参加者から

例えば、歯磨きや地図といった、子どもに身近なテーマを取り上げるのが良いのでは?

というアドバイスがありました。

 

実際に、歯磨きという行為をアルゴリズムで子どもたちに説明させたところ

そのときに使ったレゴブロックの使い方も含めて、普段接している子どもたちの意外な能力を発見できる良さもあった、ということでした。

 

子どもたちに身近な社会をテーマにするところは探プロでもとても重視しています。

子どもだけでなく、保護者にとっても身近な方が安心して一緒に学べますしね。

 

その男性からは、ゴールに向かう順序を考えることや、ものの存在、関係などを知ることがプログラミングを学ぶことではないか、といった意見もありました。

料理もプログラミングですね、という意見にはとても共感します。

 

さらに、料理の話からオブジェクト指向の話にまで繋がったのは座談会ならではの自由さですね(笑)

 

子どもたちがよく使っているScratch というプログラミング言語は、シーケンスに命令を実行していくアルゴリズムは学べますが

オブジェクト指向の考え方を学ぶには向いていないようです。

 

最初に書いたように、問題解決の手段としてプログラミングを使うとき、必ず他者との協力が必要になります。

そうなると、自分の書いたプログラムと、相手の書いたプログラムとの関係を理解することがとても重要になるのですが

そのときに、オブジェクト指向という考え方を知っておくととても役立ちますし

実は人間同士のコミュニケーションも同じ考え方が応用できます。

この辺の詳しいことは、いつかまた書いてみたいと思います。

 

学習教室を開いている参加者からは、子どもを通わせる保護者たちは

学校でプログラミング教育が始まるとして、どんな評価をされるのか?

といった不安を抱えているという話がありました。

 

親として気になるのは、プログラミングという未経験の学習を始めるにあたり

子どもに前もって勉強させておいた方が良いのではないか?

ということなのだそうです。

 

今の時点では、学校でどんな授業をするのか決まっていないので

評価についても、全く分からないんですよね…

考えるのがとっても大変そうだなぁ、ということくらいは分かりますが(笑)

 

そんな話をしながら、ちょっと悶々としかけた頃、参加者のお子さんが静かに作っていた作品を見てびっくり。

f:id:dig_learning:20170612091439j:image

f:id:dig_learning:20170612063322j:image

 

プログラミング教育に関心のある人たちが集まった会でしたが

子どもの自由な発想は伸ばしてあげたい、という意見は全員が一致しました。

 

特に、年齢が上がるにつれて発想力は制限されがちなので

小さい頃から創造性を育む体験をすることが重要です。

 

探プロは、思考スキルの部分において、論理性と創造性の両方を手に入れることを目指しています。

 

とっても難しいことは理解しているつもりですが

いろんなコンテンツを作りながら、不可能ではない、という実感も得られつつあります。

 

今回の座談会を通じて、プログラミングの捉え方が少しでも変わってくれたら嬉しいです。

 

プログラミングの考え方ら難しいものでも怪しいものでもなく

私たち大人が仕事などを通じて身につけた考え方と実は同じなのであって

子どもたちがその考え方を学んでおくことは、間違いなく将来の役に立つことなのだ、ということが伝わると良いなぁと願っています。

 

私自身にとっても学ぶことの多い会なので

7月にもまた、 開催する予定です。

関心のある方は是非、一緒に考えましょう。

探プロのWebサイトをリニューアルしました!

先日、tanpro-labのWebサイトをリニューアルしました。

 

探プロってなに?

何ができるようになるの?

といった質問に答えてみたのですが、どうでしょうか?

 

また、Webサイトのリニューアルに伴ってBlogの運営も少し変えようと思っています。

暫定的になりますが、しばらくはtanpro-labのWebサイトの方にUPする記事も合わせてご覧ください。

【ワークショップレポート】火星の街を作ろう! 2/2

高学年のグループは、小学校高学年から中学生と高校生の混成です。

今回は2つのグループに分かれ、そこに大学生のリーダーがサポートに入りました。

ちなみに、この子たちはカペラ、リゲルと呼ばれています。

 

低学年のグループがわーわー大騒ぎしているのを横目に、お兄さん・お姉さんは淡々と作品を仕上げていきました。

さすがです。

f:id:dig_learning:20170520150155j:plain

 

いつものlittlebitsモジュールだけではきっと物足りないだろうと思っていたので、今回は特別に赤外線通信のできるモジュールなどいくつか新しいものを持ち込んで、高学年のグループにだけ提供しました。

また、たまたまリーダーの方が用意してくれたレゴブロックの中に、テクニックシリーズのパーツもあったので、あっという間にこんなものが。

ちゃんとリモコンで動きます。

f:id:dig_learning:20170520005210j:plain

 

3年、4年生のスピカと呼ばれる子どもたちのグループと、高学年のカペラ、リゲルのグループが、同じ部屋で同じ探プロのプログラムを体験するために、それぞれ難易度の設定を変えました。

 

1つは、アルゴリズムに指定する条件の違いです。

スピカは「順次構造」のアルゴリズムを作ること。

カペラとリゲルは、「分岐構造」や「繰り返し構造」も使い、フローチャートを使ってアルゴリズムを可視化すること。

 

模造紙と付箋紙を用意してもらい、リーダーが子どもたちをリードしていきます。

みんな真剣。

f:id:dig_learning:20170520005258j:plain

 

もう1つの難易度の違いは、火星そのものの探究にあります。

ワークショップの冒頭で、火星ってどんな星?と尋ねて共有する時間がありました。

マイナス100℃以下でめっちゃ寒い、酸素がほとんどない、重力が地球の1/3、砂嵐がおきる・・・などなど。

リーダーの方々が用意してくれた火星情報を見せる前に、子どもたちはどんどん答えてきます。

さすが、みんなとてもよく勉強してきています。

 

低学年のグループは、砂嵐がきたときに駆け込んでゆっくり過ごせる家や地下ホテルを作ったり、食物が必要だということで畑を作ったりします。

実現性よりも発想力重視ですね。

ちなみにこれは光と空調が完全にコントロールされた畑です。

花が咲くんです火星にも!

f:id:dig_learning:20170520074934j:plain

 

一方の高学年グループは、こんなことを考えていました。

f:id:dig_learning:20170520080630j:plain

こちらが、遠心力を使って重力をつくりだす装置。

f:id:dig_learning:20170520075304j:plain

この赤い板がぐるんぐるんと回転する仕組みなのですが、実は重力の大きさをコントロールすることができます。

重力を小さくしてトランポリンを楽しむという発想に脱帽でした。

ちなみに、重力を小さくするときは電源をOFFにするのですが、消すの??とすかさず突っ込みが入ります。

でも、火星の重力は地球の1/3もあるんだから、と切り返してましね(笑)

 

砂嵐がないときは、この水素電池で動く車にのって街を探索します。

f:id:dig_learning:20170520120847j:plain

 

そして最後は光のイルミネーションを堪能してガイドツアーは終わります。

f:id:dig_learning:20170520121218j:plain

 

そして、もう一方のグループはちょっと違う視点で考えました。

 

今回のミッションは、1年後に火星へやってくる仲間のためにガイドツアーを企画しよう!

でしたが、彼らが重視したのはそれまでの1年間を無事にちゃんと生きて過ごす、ということでした。

f:id:dig_learning:20170520092624j:plain

 

まずは、エネルギーの確保です。

見てください、この原子力発電の装置の精密さ!

f:id:dig_learning:20170520075409j:plain

 

この原子力発電装置には特殊機能が装備されていて、イレギュラーケースにも対応できるのだそうです。

例えば、火星で爆発のようなアクシデントが発生した場合にそのエネルギーを宇宙に向かって放出したり。

 

実は今回のプログラムを企画するときに、プログラミングの考え方の一つである「例外処理」を組み入れようと考えていたのですが、これがまさにそうですね。

通常ではないイレギュラーな事象が発生したときに、何らかの形で問題を回避し、致命的な結果となることを避けるための処理なのですが

今回それを考えさせるのは難しいだろうと諦めたのでした。

(ちなみに、例外処理の考え方と分岐構造とは違いますがこの話はまた今度)

 

まさにこのような形で使うのが理想的。

素晴らしいです。

そうそう、今度はこの例外処理をテーマにしたプログラムを企画する予定なのでご期待ください!

 

火星の最低気温はマイナス100℃...暖房設備は必須になりそうですが、そこもちゃんと考えています。

このゴミ焼却場から出る熱を利用するのです。

f:id:dig_learning:20170520121522j:plain

 

今回のワークショップでの発表を聞きながら、作品の評価の観点は年齢とともに変えるべきだと思いました。

littlebitsを使いこなすとか、作品の出来栄えや見た目が美しい、斬新、というのは、年齢の小さい子たちを対象にしたときの観点としては良いのですが、高学年にはそれ以上のものを求めたいですね。

 

火星について理解し、そこに住むにあたっての課題を解決するために何が必要か?

そこをちゃんと考えて、ちゃんとプロトタイプとして可視化する。

出来栄えや現実性はさておき、問題解決の第一歩として、テーマを深く考え、まずは考えたことを実践してみる。

そうして試行錯誤をくり返す中で、問題解決力が磨かれるのだと信じていますし

探プロはそのプロセスを想定して作っています。

 

今回のワークショップでは、探プロが求める姿に一歩近づくことができた気がして、私の方が皆さんに感謝したいくらいでした。

こうした体験の場を、学校でもできたら...と本心から思っています。

学びの場で使う一つのツールとして、探プロが使われる日がいつかくると良いのですが...

 

こちらは地下を移動する車。詳細をもう少しじっくり聞きたかったですねー。

f:id:dig_learning:20170520123055j:plain

 

お兄さんお姉さんの発表も作品はどれも素晴らしく、小さいクラスの子どもたちは目をキラキラさせながら食いついて見入っていましたね。

f:id:dig_learning:20170520124347j:plain

 

仲間の発表のときは前のめりでかぶりつき(笑)

f:id:dig_learning:20170522132948j:plain

f:id:dig_learning:20170520123914j:plain

そしてだんだん見えなくなる(笑)

f:id:dig_learning:20170520124249j:plain

 

数が多いので全ての作品を載せられないのが本当に残念なのですが、子どもたちの作品はアイデアに溢れていてとっても面白かったです。

例えば、これはただのレストラン、ではありません。

2つ連結されたモーターを使って、外で羊(?)をミンチにするのだそうです...

f:id:dig_learning:20170520123413j:plain

 

こちらは地下ホテル。

メカニカルな仕組みの部分と、ゆったり過ごせるホテルとのギャップがすごい。

ちょっと分かりづらいですが、ホテルの後ろから出ているライトは、位置を知らせるために地上から出ている部分なのだそうです。

さらに、砂嵐がくると、確かブザーが鳴るんだったかな?

f:id:dig_learning:20170520124043j:plain

 

あっという間の2時間でしたが、とっても中身の濃い2時間で楽しかったです。

これだけのイベントを企画し、調整し、子どもたちと探プロに学びの場を提供してくださった宇宙少年団 未来MM分団のリーダーの方々に心から感謝します。

ありがとうございました!

f:id:dig_learning:20170520125220j:plain

@tanpro-lab