探究型プログラミング学習(探プロ)

プログラミングの考え方を学んで、未来を創る力を手に入れる

プログラミングの考え方を学んで未来を創る力を手に入れる

【レポート】EDIX2019で見つけたプログラミング教材あれこれ

毎年この時期に開催されている、教育ITソリューションEXPO  へ行ってきました。

カラフルなブロックやかっこいいロボットなど、プログラミング教育関連の教材も数年前に比べてぐっと増えました。

そんな中で、探プロならではの目線で見つけた教材をいくつか、ご紹介します。

f:id:dig_learning:20190624064445j:plain

 

EDIXへ初めて行ったのは5年くらい前だったと思いますが、当時は電子黒板や電子書籍、アクティブラーニングというキーワードが全盛期でした。

そのあと、少しずつプログラミング教育のコンテンツや教材も増えて、いまではどこを見てもロボットやブロックの教材ばかり、という感じです。

 

今年は特に、海外の教材が多い印象でした。

中でも、探プロで使っているlittleBitsとよく似たコンセプトのこちらは気になりました。

中国の深センで作っているそうです。

f:id:dig_learning:20190623173313j:plain

f:id:dig_learning:20190623173250j:plain

f:id:dig_learning:20190623173413j:plain

CH MAKER Ed - STEM education made simple

パーツがブロックになっていて、磁石でくっつく仕様はlittleBitsそっくりです。

ただ大きく違うのが、micro:bitと組み合わせて使える汎用性があるところですね。

工作であればlittleBitsの方が使い勝手は良いのですが、プログラミングとなると独自仕様がネックになってなかなか使いづらいのです。

でもこれなら、littleBitsのような使い方でプログラミングの考え方を学びつつ、micro:bitと組み合わせて複雑な動きをするプログラミングにも挑戦、という感じで自然なレベルアップが実現できそうです。

 

センサーの種類が多いところも◎。

パーツ写真の上が低学年向け、下が高学年向けだそうです。

1個あたりのお値段はlittleBitsと同じくらい、と言われましたが、サイトを見てみると、かなりお高い感じですね。

しかも日本にはまだ代理店がないらしく入手は難しそう。

 

続いて、あのバンダイの新規事業部が開発したというこちら。

f:id:dig_learning:20190623174512j:plain

アルゴロイド ALGOROID│3rd Factory(サードファクトリー)

 

スマホタブレットでプログラミングしたロボットを使って対戦、というコンセプト自体は、いろいろな教材で見かけるし珍しいものではないのですが

これはスマホをそのまま車に乗せて使う、というスタイルです。

そうするとキャラクターが表示される仕様なのですね。

 

惹かれるのは、「遊ぶ」ということに拘って創っているところです。

学びの中に遊びを、という一般的なプログラミング教材とは違って、潔い感じが良いなーと感じました。

 

ボードの上で4台まで、同時に遊べるそうです。

開発者の方によれば、学校へ導入しようとしたけど、スマホの持ち込みができなくて・・ということだったのですが、これは学校の外で遊んだ方が絶対に盛り上がるのではないでしょうか。

ワークショップで出したら大人気になりそうです。

個人で購入して、友だちと遊ぶのでもいいですね。これならプログラミングがかなり身近になりそう。

発売後は1年後だとか。これも使ってみたい!

 

 

そして、ダントツでツボだったのがこちら。

とーっても地味なブースだったので通りすぎてしまいそうになったのですが、このブロックを見たら目が釘付けになってしまいました。

f:id:dig_learning:20190623175057j:plain

新コンセプトプログラミング教材 「歌うブロック」のご紹介

 

ブロックの1つ1つにメロディーを登録できるようになっていて、上から順番に鳴らし、繰り返しなども入れて曲を構成する、という仕様です。

 

なるほど、音楽はプログラミングそのものですしね。

いろんな曲を登録できるのだ、という説明をふむふむと聞きいていたのですが、この教材のすごい点は歌うところ、ではなかったのでした。

 

写真にあるオレンジのブロックが、他のブロックより少し右側にズレているのが分かるでしょうか?

なぜだと思います?

これはインデント(字下げ)を表現しているのです。

 

最近よく使われるPhthon(パイソン)というプログラミング言語では、繰り返しの命令をこんな感じで書きます。

for i in range(0, 4):

     print("クワ")

print("ケケケケケケケケ クワクワクワ")

真ん中の文が、少し右側に寄っているのが分かるでしょうか?

こうやって書くと、"クワ"を4回繰り返す、という命令になります。

ではもし、こんな感じで書いたらどうなるでしょう?

for i in range(0, 4):

     print("クワ")

  print("ケケケケケケケケ クワクワクワ")

 

正解は、"クワ ケケケケケケケケ クワクワクワ" を4回繰り返す命令、です。

インデントのある部分を1つのまとまりとして扱うのですね。

でも、これだと違う歌になってしまいますね。

 

プログラミングを一度も体験したことがない人でも、なんとなく雰囲気は分かると思います。

Phthonのようにインデントがなければ意図した動きにならないプログラミング言語もあれば、インデントを全く使わなくても動かせるものもあります。

それでも、コンピュータにとっても人間にとっても、インデントを使って命令の構造を分けて表現することは重要です。

(人間にとってはそれが分かりやすさにつながります)

 

開発者の方曰く、インデントを使ったブロックの並びに慣れておけば、実際のプログラミングのときにも違和感がなくなるはずだから、とのことでした。

そんなところへの拘りに、個人的にはものすごく共感してしまうのですが、どうでしょうか。

プログラミングの前にまず考え方から、を徹底する姿勢に脱帽です。

 

さらに、このブロックはインデントだけでなく、関数にまで対応しているのだから驚きです。

写真右上に、f()と書かれたブロックがあるのが見えるでしょうか?

これが関数(Function)すなわち、同じ命令を何度でも実行できるようひと塊にしたプログラムの集まり、です。

写真左側にf() 2 と書かれたブロックがあるのですが、これは関数2番を呼び出す命令ブロックであることを示しています。

この写真だと、f() 4しかないので呼び出せないのですが、f() 4を呼び出せば、ちゃんと関数が呼び出されて実行されます。

さて、f() 4という関数は何回呼び出されるか分かりますか??

 

パソコンを使わずにプログラムの考え方を学ぶ教材としては非常に良いものだと思います。

これもまた、販売前で価格も未定とのこと。

 

そして最後はこちら。

f:id:dig_learning:20190623182044j:plain

f:id:dig_learning:20190623182029j:plain

Ai.R-Cord - わくわくするようなICT/プログラム体験を

佐賀県にある印刷会社が出店ということで、ちょっと関係性がよく分からなかったのですが、どうやらARを使ったプログラミング教材というコンセプトの佐賀県認定事業なのだそうです。

 

これもまた地味なブースだったのですが、なぜ地味なのか?

それは、ブース内に教材が存在しないから、なのです。

 

周辺には、カラフルで楽しそうなブロックやロボット教材がたくさんあって、キラキラしていましたが、このブースには何もない。

あるのはパソコンと、マーカーと呼ばれる紙キレのみ、です。

 

パソコンのカメラをこのマーカーに合わせると、画面上にARでイルカや車などが表示される仕組みです。

プログラミング自体も画面上でやるのですが、タッチパネル式なので、直観的で非常に分かりやすいものでした。

 

教材が不要という発想は目から鱗が落ちるようでした。

開発者の方も仰っていましたが、このコンセプトは会場内見渡しても他にありません。

 

学校の現場では、教材を購入する費用だったり、使いこなすための技術だったり、故障などトラブルがあったときの対応など問題が山積みで、プログラミング学習を浸透させづらいという課題があります。

 

でも、これは2020年3月まで無料で使えるそうですよ!

そのあとは、学校単位でのライセンスになるので、何人でも何台でも、学校1校あたりわずか10万円/年間なのだそうです。

 

現在はWindowsタブレットしか対応していないそうなのですが、学校現場であれば問題なさそうですしね。

とにかく直観的で分かりやすいところが良いと思いました。

これからコンテンツも増えるようなので、学校関係者の方は要チェックです!

 

たくさん見てきましたが、個人的には以前ほどの盛り上がりに欠ける印象でした。

プログラミング教育というキーワードが以前ほど真新しさを感じないくらい、浸透してきているからかもしれません。

予想通り、教材自体をウリにできる時代はすぐに終わりそうです。

これからは、学習の中身で勝負になるはず。

 

さて来年はどうなっているのか・・楽しみにしたいと思います。

 

【コラム】家族みんなが幸せになれるプログラミング学習を目指してます

普段なかなか出向けないのですが、先日少し時間があったので、久しぶりに書店で本を眺めていました。

そこで目が釘付けになったのがこちら。

『プロジェクトマネジメント的生活のススメ』

この本の冒頭で紹介されているのが、カレー作り、なのです。

ããæä¼ã åçãç¡æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

材料や人数、つかえるお金や時間に制約がある中で考えるところが、プロジェクトマネジメントの要というわけです。

 

料理といえば・・

探プロのコンテンツにもあります。

先日やったこれです。

 

どうすればお弁当作りの時間を短縮できるか??

マルチタスク(並列処理)の考え方と共に、みんなで考えました。

 

この本にもあるように、マルチタスクの考え方はプロジェクトマネジメントの中でも使われます。

いかにもIT系のような、難しいカタカナが並びますが、お伝えしたいのは、この考え方は何れも、私たちの日常で当たり前に使っているもの、ということです。

 

例えば小学校では、5年生から家庭科の授業が始まります。

班ごとに分担して調理を学ぶわけですが、この役割分担と調理工程の管理こそがプロジェクトマネジメントそのものです。

もっといえば、自宅で子どもたちと一緒に料理をするときには、お父さん、お母さんがプロジェクトマネジメントをしています。

(思うようにタスクが進まなくてイライラするケースが多いでしょうが・・)

 

プロジェクトマネジメントの本は、専門的なものがほとんどなのですが、この本の良いところは、考え方を日常生活の中で使うことで、いまよりも

"幸せになれる"

とシンプルに伝えていることです。

 

まさに、探プロが伝えたいことと同じです。

もう少し言うと、探プロの場合は、子どもたちがプログラミングの考え方を学び、それを活用して身近な問題解決ができるようになることで

家の中にあるいろいろな仕事を効率的に片づけられるようになることを目指しており

さらに、それによって

"家族みんなが幸せになれる"

ことを目指しています。

 

究極はお手伝いマスターです。

時間が無限にあるような子どもたちの日常には、「効率化」という概念があまりありません。

でも、家の中には効率化した方が良いことがたくさんありますよね。

それを、子どもたちに考えてもらって解決できれば、家族みんながHappyになれる、というわけです。

 

探プロでは、"お手伝い"をテーマにしたワークショップを2種類用意しています。

1つは、先ほどご紹介したお弁当作りでマルチタスクの考え方を学ぶもの。

もう1つは、アルゴリズムの考え方を学ぶものです。

 

アルゴリズム編のコンテンツは、前回やった歯磨きの部分を変更して、お手伝いをテーマに見直そうと思っています。

 

小学校低学年向けですが、高学年のお兄さん、お姉さんも是非どうぞ。

是非、ご家族そろってご参加ください!

 

■2019年7月14日(日)

★探プロ★お手伝いをしよう!(プログラミングの考え方を学ぶ、アルゴリズム編)★お土産付き★20190714 | Peatix

■2019年7月21日(日)

★探プロ★お弁当をつくろう!(プログラミングの考え方を学ぶ、マルチタスク編)★お土産付き★20190721 | Peatix

 

それではまた!

【レポート】街をつくろう!モジュール化を学ぶ 2019.06.09

先週に引き続き、レゴとlittleBitsを使った探プロワークショップを実施しました。

今回は、年長さんから小学6年生までと幅の広い参加者が集まりましたが、1時間、飽きることなくみっちりと体験してくれました。

f:id:dig_learning:20190609220546p:plain

実はこの「街をつくろう!」というテーマは、探プロで初めてつくったコンテンツなのです。

遡ること3年前。


当時はいま以上に試行錯誤していて、インタフェースやアルゴリズムといった話も織り交ぜたものの、結局は工作!

といったよく分からないワークショップになっていたなー、と振り返れば反省点ばかりです。

楽しかったんですけどね。

 

そのあと、アルゴリズムを学ぶコンテンツとして作っていた時期もありました。

 ただ、どうしても納得のいく形がつくれず、この2年間はずっと塩漬け状態だったのです。

だから今回は、意を決しての再チャレンジでした。

 

学ぶ要素はたった1つ、モジュール化と決めて、1時間という枠の中でどれだけ学び、楽しんでもらえるかを考えました。

その結果、また盛り込みすぎてしまって少し消化不良気味になってしまったのですが・・また次回へ活かしたいと思います。

 

街にあるものには役割があって、それらが連携して動いている、といった話を、いくつものプログラムで構成されているコンピュータに置き換えて説明をしたのですが

ちょっと、難しかったかもしれません。

というか、私の説明がイマイチだった気がします。。。

 

私が伝えたかったのはこういうことです。

「モジュール」とは、全体を構成する「個」のことです。
プログラムと街は同じ考え方でできています。
一見すると複雑に見える問題でも、紐解いていくと実は、シンプルなものを組合せただけという考え方を知っておくと、難しい問題を前にしても怯むことなく立ち向かえるようになります。

いつか大人になって、複雑すぎてよく分からない問題にぶち当たったとき、今日のワークショップでの出来事を思い出してほしいな、と思いながら作りました。

 

思い出に残るように、ワークショップ中に2つの工夫を入れました。

まず1つは、littleBitsを使って、複数のプログラムを組み合わせて複雑で大きなプログラムを作る、というワークです。

f:id:dig_learning:20190609221532p:plain

3人1組のグループになってもらい、1人に1枚、ミッションカードを渡します。

それぞれが作ったプログラムを繋げると、3つのプログラムで構成される大きなコンピュータが完成する、というわけです。

 

今回もアシスタントのお兄さん、お姉さんたちが大活躍!

回を重ねるごとに、彼らの動きが目に見えて良くなってくるので驚いてしまいます。

積極的に声をかけて、littleBits初心者の子たちをリードしていく様子は本当に頼もしいものです。

みんなでミッションカードを見ながら、頑張ってつくります。

f:id:dig_learning:20190609222553p:plain

そして、隣の子が作ったプログラムとつなげてみると・・

f:id:dig_learning:20190609222222p:plain

立派なコンピュータができました。

 

最初に全貌をみると難しそうに見えても、1つ1つにバラしてみれば、意外とシンプルで簡単であることに気づいてもらう、というのが狙いです。

パソコンを使って実際のプログラミングをするスタイルでは、なかなか実践できないワークですが、littleBitsのように手で触って動かすことのできる教材であれば、一目瞭然であるところがポイントです。

 

もう1つの工夫は、レゴブロックを使った街づくりです。

各自が街にあるものをつくり、それを繋げてストーリーをつくる、といったことにチャレンジしました。

時間のない中で子どもたちは少々、物足りなかったと思うのですが、いろいろな発想が出て面白かったですね。

f:id:dig_learning:20190609224609p:plain

たくさんの興味深い作品が完成したのは良かったのですが、グループの中での街づくり、といった点では時間が少なかったこともあり、あまりうまくいかなかったと反省しています。

また、時間の関係でlittleBitsとレゴを組み合わせる例をあまり紹介できなかったので、これも残念でした。

 

もう少し時間を延ばしたり、通る街を最初から決めておく、といった案も出ているので、次回に向けて見直したいと思います。

 

今日のワークショップでは、街にあるものにはそれぞれ役割があって、つながっていることを知ってもらいました。

そして、コンピュータも同じように、たくさんの小さなプログラムがつながって、大きなプログラムを作っているのだということにも気づいてもらいました。

 

複雑に見えるものでも、分解してみると、1つ1つは小さなものの塊になっていて、それを組み合わせているだけなのだ、ということが分かると思います。

この先もし、仕事や学校で、複雑で難しそうなモノを見たときには、その中にある小さな塊を見つけてみてください。

そうすると、つながりが見えてきて、モノゴトを簡単に考えることができることができるようになります。

 

こうした考え方ができるようになると、大人になったときに役立ちます。

だって、難しいことを難しいまま扱おうとする人や、難しいからと逃げる人って意外と多いのです。

そんな中で、誰にでも分かる形にシンプルな構造に置き換えることができる人がいたらどうでしょう?すごく貴重な人材になるでしょうね。

 

複雑なモノゴトをシンプルにするための考え方を知っているかどうかは

難しいプログラムを作ることができることよりもずっと重要なことだと、私は思います。

 

さて、ここまでで低学年向けの探プロワークショップは一通り完了です。

計4回コースで提供してきましたが、どうだったでしょうか?

 

7月からはまたアルゴリズム編に戻ります。

次回はこちら。

■2019年7月14日(日)

★探プロ★お手伝いをしよう!(プログラミングの考え方を学ぶ、アルゴリズム編)★お土産付き★20190714 | Peatix

■2019年7月21日(日)

★探プロ★お弁当をつくろう!(プログラミングの考え方を学ぶ、マルチタスク編)★お土産付き★20190721 | Peatix

 

洗濯物を干したりお弁当をつくったり・・

日常の中にプログラミングの考え方を取り入れて、モノゴトを効率よく進める達人になろう!

というコンセプトです。

お子さんをお手伝いマスターにしてお父さん、お母さんも幸せになれたら、と願ってつくりました。

レゴブロックは使いませんが、littleBitsを使ってじっくり思考を鍛えます。

 

既に申し込みが始まっていますので、是非ご参加ください。

それでは!
 

 

@tanpro-lab